読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Give and Give

アウトプットこそ、最大のインプット。セリーヌによる日々の学びをアウトプットするブログ。

無邪気な心を大切に。

こんばんは!

今日もお疲れ様でした。

 

今日は、社内でな・ん・と「ロボコン大会」がありました!

「えぇ?ちゃんと仕事しろよ!」

って言われそうですが、これも一応業務の一環(?)

f:id:yuki-celine39:20170207225753j:plain

部門の垣根を超え、若手社員が定時後に集まり、2か月で作り上げたマシンが白熱のバトルを繰り広げていました!!

 

私は運営側で携わっていたので、実際にはロボット作製の楽しみを味わえなかったのですが、みんな本当に楽しそうで

 

大の大人が、まるで子供に戻ったかのように、真剣に目を輝かせながら、キャッキャッと騒いでいました(*'ω'*)

 

最後の参加者の言葉で印象的だったのが、

「このイベントは最初乗る気じゃなかったです。正直。仕事の合間をぬって、作らなきゃいけなかったし、期間も短くて大変でした。ただ、今日の大会が終わってみて、すごく悔しかったです。そう思えたぐらい、私は真剣に熱意を持ってやれたんだと実感できました。やってきて本当によかったです。」

 

業務とはまったく関係ないので、すごく大変だったと思います。

そんな中、真剣にやり抜いた参加者は素敵だと思いました。

 

今回のイベントを通して、

 

やっぱり大人も無邪気な心を忘れちゃいけないなぁ!

f:id:yuki-celine39:20170207235827p:plain

と思いました。

 

無邪気な心とは、気取りがなく、自然体で、素朴な心な心。

生まれつきの純真さであり、最も美しい心。

 

悩みもなく、

心配も恐れもなく、

毎日が冒険と好奇心でいっぱいの心。

 

(出典:無邪気な心

 

では、いつからこの無邪気な心を忘れてしまうんでしょう?

 

素直でキラキラ輝かせた子どもの目を見て、毎回我に返らされます。

 

ちょっと大人になり、頭でっかちになっちゃって、

他人と比較するようになり、

他人の目ばかりを気にするようになり、

 

純粋で無邪気な心は、

嫉妬やエゴに飲み込まれてしまっています。

 

「わからない」「知らない」ことに対して、

興味さえもてなくなってしまっています。

 

子どものころは、知らないこと、新しいことには手を出してみたかったんです。

「ダメだ!」と言われても、やってみたかったんです。

f:id:yuki-celine39:20170207235326j:plain

 

無邪気は「無知」とも言われますが、

自分に素直な、あくなく探求心ってステキじゃないですか!

 

無邪気な心、大切にしていきましょ!

あなたの心にもまだ無邪気な心は残っているはずです。

f:id:yuki-celine39:20170207235126p:plain

 

いつまでも無邪気な心を忘れない大人でありたい。

と改めて思えた一日でした。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。